flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

父への手紙

拝啓父上

もう20年になりますね。
あなたと過ごした日々よりも、あなたがいない日々の方が長くなり、僕の人生の中ではすっかりとそのことが当たり前になってしまいました。
今日はあなたが天に召された日ですがまた今年もこうして巡り、何回も通り過ぎる中で自分の生活の一つの区切りにさせてもらっています。

笑ってしまうかもしれませんが、あなたが母と出会い日本へ連れて来た時の年齢を今の僕はもう追い抜いてしまいました。僕は相変わらず独りなので、もし今、お酒でも酌み交わしていたならば、きっと世代の違いについて色々と意見を戦わせていたのではないかと想像してしまいます。

母も姉も弟もみな元気にやってますよ。
母は昨年からようやく少し休めるようになりました。
決して楽ではありませんがでも荷物は下ろして休んでいます。
姉にも二人も子供が出来ました。
とても可愛い子供達です。
僕もいつか自分の子供を持つようになれば溺愛するような気がしてなりません。
弟は地球の反対側で頑張ってます。
あんまり会えずに寂しいですが、あなたゆずりのタフさがあるので彼は大丈夫です。

それにしても20年前の今日、あまりに足早にいってしまったので戸惑いましたよ。
せめて母と姉が日本に戻って来てからでも良かったんじゃないですか。
朝倒れて晩にはもういくなんていくらあなたがせっかちでも少し急ぎ過ぎだと思います。
一緒に居た弟はまだ7歳だったので何がなんだかよく分からなかったじゃないですか。
腹は立ちませんでしたが当時14歳の僕が独りでたくされるにはあまりにも荷が重かったです。
それを背負って旅を続けるのはとても孤独でつらいですよ。
先にどんな風景が広がっているのか、ちょっとぐらいヒントくれても良かったんじゃないですか。
あなたが進んだ道、そして行けなかった道。
これであっているのか間違っているのか。
僕はちゃんと前に進めていますか。

まぁそう言いながら20年経ちこうして手紙が書けるのは僕にも背中の荷が慣れて来たのかも知れません。
あなたが渡した荷物、僕はちゃんと背負えてますか。
ちゃんと二本の足で歩けているかは分かりませんが、何とか旅は続いています。
色んな村の村祭りを手伝って、そうしているうちにたくさんの人と知り合いました。
でも相変わらず祭りが終わると、僕が寝泊まりする水車小屋には誰も来ないので、また荷物をまとめてこっそりと旅立つ日々を繰り返していますが。
不器用さと孤独さはあなたゆずりなのですよ。

今は折り返し地点まで来ました。
もう20年もするとあなたがいってしまった年に近づくでしょう。
今のように村はずれの水車小屋での仮住まいの生活も悪くはないですが、どこかの村で家をちゃんと建てているかもしれません。
そうなればちゃんとあなたから渡された荷物をほどいてひろげることにしますね。
中身はまだ見ていないので今から楽しみです。
それまでどうか見守っていて下さいね。

ではでは。
[PR]
by innerscape | 2010-03-27 23:24 | 私的詩

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧