flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

知り合いと友は少し違うと思う。
知り合いでも腹を割って話せると思うし、一緒に楽しい時間を過ごすことも当然出来る。
一緒に仕事することもあるし、プライベートで付き合うことも出来るし、熱く語り合うことだって出来る。
じゃぁ何が一体知り合いと友を隔てているのか。
あくまで僕の場合だが、僕にとって友と言える人は損得でつきあいたくない人なのだと思う。
自分が損してもこの人と時間を共有したいと思えるかどうか。
そしてそんなことを考えることすらしない相手。
そんな相手が僕にとって友と言える人なのかと想う。
そしてここは重要な部分だが、相手もそうであることを求めたい。
しかしこれがなかなかうまくはいかないのが現実だ。
だから僕には友と呼べる人が本当にとても少ない。

同士はまた少しニュアンスが違う。
同士は何か目的を共有している相手だ。
目的を共有している間は損得ではつきあわない相手だが、目的が果たされると一度リセットされる間柄だ。
その回数が多く、コミュニケーションが深くなれば友になる可能性はある。

ネガティブな感情を誰かと共有することは日常生活の中でなかなか難しい。
自分がネガティブな時には相手に迷惑をかけてしまうこともあるからだ。
しかし僕にとって友と言える人はそれを受け入れてくれる人だ。
それはある意味、家族や恋人に近しい存在なのかも知れない。
多少ではないレベルでわがままを言える相手なのだ。
というよりも相手のそういう部分を察知して理解して、それでもちゃんと側に居ようとする相手。
それが僕にとって友だ。
自分の人生においてそれはとても得難い。
ある意味、人生の伴侶を見つけるのと同じぐらい難しいことだとも想っている。
だからそれを信じた相手は自分にとってはものすごく貴重な相手だ。
何があっても助けねばならないし、何があっても心の支えにしたい。
家族と同じかも知れない。

だから僕の友であり続けるのはきっと大変なのだと想う。
僕が友であると想っていた人でも離れて行くことも多い。
旅人の僕にとってそれは仕方ないことだと思っているし、それはそこまでなのだ。

でも僕の友であり続けようとしてくれる人には僕も友であり続けなければならない。
そして友とはくっついたり離れたりするようなものではないとも思っている。
それは決して物理的な距離ではなく心の距離だ。
どちらかの気持ちが一度離れればそれはもう友ではなく知り合いか同士か場合によっては敵になるかも知れない。
誰も信じていなかった頃はその感覚が分からなかったが、最近はぼんやりとそんなことが見えるようになってきた。少しは誰かを信じられるようになったからか。
でもやはり僕には友は少なく、友で居てくれる人は貴重なのだ。
[PR]
by innerscape | 2010-05-19 20:39 | 日常

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧