flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

日記に記されて嬉しい件

昨年11月に行った♭スペースオープン及び「日韓合同企画プロジェクトハウス」に訪れていただいた方が、そのことを日記にアップしてくれました。
吹田からお越し頂いた研究者の方で初めてお会いして少しお話しした程度だったのですが、僕の混沌とした活動を一発で理解される洞察力に驚きました。
こうした出会いがあるから場所を構えるのは楽しいです。
以下はその方の日記よりの引用です。


日韓合同インスタレーションのアート
2011年01月03日00:12


韓国から人が来て大阪の一軒家をデコレーションする。日本からも韓国へ行って家をデコレーションする。空間をデコレーション方法はインスターレーションというらしい。この日韓合同のアートプロジェクトを観に行った。この場所を主宰しているのは花村周寛(http://migohsha.com/db/d00277/)という人だ。

家は居住地区にあるもともと町工場だった建物。印刷機械の音が漏れてくる。中に入ると床はむき出しの木だった。短い廊下を通った先は広くなっていて展示物がある。ビデオや言葉、展示物。そして、狭~い隙間から隣の部屋にいく。天井から糸がたくさん垂れていたり、電球が垂れていたり、人形が置いてあったり、風船が敷き詰めてある。メッセージが床にまき散らしてあったりした。映像が流れていたり、人の声が流れていたりする。二階には人がいるらしくギシギシときしむ音がする。

ここで何がしたいのだろう?

花村氏は「アートはクエスチョン(問題)、デザインはソリューション(解答)」と言う。アートで世の中に問題を提起する。見逃されている点に光を当てて活用したり、忘れられたものを新たな命を吹き込んで再生したり、新たな視点を提案したりする。具体的な作業は全然違うが、話してみると研究と姿勢が非常に似ていた。今の時代を創っていく基礎作業ってこういうことだ。

花村氏の過去の活動には、実際の病院を舞台にしたものがあった。吹き抜け構造を持つ建物の真ん中にシャボン玉をたっくさん飛ばす。普段は病人と医者という役割でいる人たちが、みな窓にへばりついて吹き上げられている風船に見入っている。両者をいっぺんに癒すのだ。そう、両者とも病んでいるのが現代だ。

他にも被災地に関する本を出版していた。全国の地震や火災、洪水などの被災地にまつわる物語をつくって、どのように対策するのか建築物の構造について分析する。

花村氏の活動はとても幅広い。俳優もやる。映画監督もする。家具のデザインもする。名刺やパンフレット等のデザインもする。大学で授業を持って建築を教えたり、コミュニケーションを教えたりもする。自分の家もアトリエにしている。こんなに色々な先進的なことにチャレンジしながら生活が成り立っていることが信じがたい!

花村氏はたくさんのかぎ爪を持っていて、社会の壁をガリガリと掻きながら、新しい扉を見つけようとしている。彼のエネルギーが世の中に対して四方八方に向かっている。

私ももっと創意工夫して社会との接点をエネルギッシュに見つけるようにしないと!

[PR]
by innerscape | 2011-01-07 15:02 | 日常

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧