flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

文化政策とプロデュースについての覚書

韓国では90年代以降に文化政策と観光政策が一体的に行われて来た経緯がある。1990年に体育関係を含め文化・芸術政策を担当する文化体育部と,観光政策を担当する交通部が統合して、「文化観光部」(現「文化体育観光部」)が設立され文化政策と観光政策を一体的にとなっているのが特徴。

特に1998 年の金大中大統領による「文化大統領宣言」を受けて、文化産業を21世紀の国家基幹産業として育成することが目指されてからは、ゲーム、アニメ、音楽、 キャラクター、映画などの文化コンテンツについて重点的に取り組むべき課題とされている。このあたりがポイントだな。

韓流ブームの裏側にどういう背景があるのかを理解せずに、単に作家や表現者の能力の問題に帰着するのは短絡的な読みだろう。一表現者としてはそれでも構わないが、研究者としての身体も持っている以上はそれではいただけないと自覚せねばならないか。

表現者が陥りがちな傾向として、才能論への帰着がある。もちろん優れたコンテンツや表現を「生産」する仕組みというのは重要なのだが、それは単独で成立しているのではなく、「流通」サイドの仕組みとの関連で見て行かねば無駄になるかもしれない。企業における「技術」と「営業」の関係に近い。

あとは、クリエイティビティを技術論だけに限定するのも問題かと。表現者の職人的な技術が持つクリエイティビティには敬意を払ってしかるべきであるが、それをプロデュースする能力にもクリエイティビティが要求されるし、そこに敬意を払うことも重要。

一番いかんのは、虎の威を借りる狐的なプロデュースだろう。表現者のクリエイティビティを搾取することがプロデュースなのではなく、そのクリエイティビティを最大限発揮出来るように方向付けするのがプロデュースの本質かと。ブローカーと異なり表現者と対等なクリエイティビティが要求される。

自分で自分をプロデュースせざるを得ない身としては、プロデューサーとしての身体と、クリエイターとしての身体の両方を使い分けるのは大変だが、おかげで搾取型プロデューサーの傾向が何となく見えて来た。観察していると、威張り散らすだけで大した意思もチャレンジ精神も無いのが特徴。

だからちゃんとしたプロデューサーに出会うと、優れたクリエイター以上に敬意を持って接したいと思う。

日本においてはなぜか文化庁の政策と観光庁の政策が一体的に行われない。このあたりが韓国に差を付けられている要因かと思うのだが。韓国は1990年に既に文化観光部が出来ているが、日本では2008年にようやく観光庁が出来たのだから、これだけ見ても約18年遅れていると言えるのだが、さらに。

文化と観光とコミュニティとエコロジーと教育学習と愛着醸成のクロスオーバーとして僕が出した概念として「クリエイティブシェア」があるのだが。広義はyoutubeなどから、狭義はうちのアトリエで実践しているコミュニケーションデザインまで。もうちょっと概念整理が必要なのだが、ぼちぼちと。
[PR]
by innerscape | 2012-02-08 00:13 | 覚書

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧