flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

死んだ弟は蜂になって会いに来た

a0091712_003333.jpg

「聖なる場所の力」を巡る3日間のシンポジウム「山のシューレ」が本日で終了した。
植島啓司先生の基調講演、伊藤俊治先生と植島啓司先生とハナムラチカヒロによるオープニングシンポジウムで幕を開けた聖なる3日間の結び舞台は、本日の谷川俊太郎さんと谷川賢作さんによる舞台で、素晴らしいパフォーマンスの中、皆が幸せな気持ちの中で終えた。
期間中に知り合った全ての方々は、とても優秀で心の優しい人ばかりだったし、聖なる場所の力を一緒に思考する冒険に出た貴重な仲間のような気がしている。
個人的にはこの那須で弟の1回忌の命日を迎えることが出来たことは特別な意味を持っている。
丁度一年前に弟はトロントで亡くなった。
その訃報を聞いた夜に僕は泣き崩れる母を連れて遺体の確認のためにトロントに出向いた。
365日経ってまさか自分が那須の地に立ち、聖なる場所の力を語っていることになるとは想像もしていなかった。

実は今朝、3日間降り続いていた雨が一瞬止み、陽光が射している中で朝食を取っていた時に僕は不思議な体験をした。
それは一匹の蜂との出会いだった。
その蜂は僕が朝食を食べているテーブルにやってきて、最初はテーブルに置いていたルームキーに止まっていた。
しばらくして飛び立ち、僕の掌にとまった。
全く怖がる様子もなく僕の手の上でウロウロしていていた。
不思議と僕も怖い想いもなく、その蜂がおしりを振りながら触覚を僕の手に何度も押し付ける様子をしばらく見つめていた。
いつまでたっても僕の手を離れてくれないので、そのまま食事を続けているとどこかへ飛去ってしまった。
その時は何とも思わなかったのだが、食事を終えてしばらくするとその蜂はまた僕の掌に戻って来たのだ。
中指に止まった蜂は僕の掌の方へなつきながら近づいてくる姿を見て僕は何とも堪えきれなくなった。
僕はその時にこの蜂が自分の弟だと確信したのだ。
弟はきっと僕の側にいることを蜂の姿で告げていたのだと思う。
この三日間、聖なる場所の力について多くの方々と話し合ってきた。
聖性とは場所に帯びるだけでなく、どんな場所にでも帯びる瞬間があるのではないかと僕は風景異化を交えた自分の発表でこの3日間の最初に述べた。
弟はそれが正しいということを僕に伝えてくれたのだ。
兄として弟に教えてあげれたことよりも、弟から兄へ教えてもらったことの方が多いのは、彼が死してなお続いている。
生活の終わりは生命の終わりではないのだ。

今日の結び舞台で谷川俊太郎さんの詩の朗読にこんな一説があった。

身近な死者が増えてきた
彼らにしてやれたことよりも  
してやれななかったことのほうがずっと多い

僕は谷川俊太郎さんの少しくぐもったその朗読を聞きながら弟のことを思い浮かべざるを得なかった。
6月9日のこの弟の命日に那須で過ごしたこの記憶は僕は死ぬまで忘れることは無いだろう。
心からありがとう。
[PR]
by innerscape | 2014-06-09 23:59 | 私的詩

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧