flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アートの功罪

あまりにアートの力を信じすぎるのはいかがなものかと思う。
確かにアートは閉塞した社会の可能性を開くかのように見える。しかしそれは今の時代認識の中でもてはやされているだけであって、あたかもアーティストが万能なように捉えられるのは少々お門違いではなかろうか。
デザインとアートの違いについてはあちこちで話をしているが、今一度整理してみると、やはりデザインは問題を解決する行為でアートは問題を提起する行為だと思う。
別の言い方をすると、デザインには社会的なクライアントが居て、明確な目的があるのに対して、アートは個人のモチベーションから出発していて明確な目的が無い事が多い。
だからアートはデザインと違って個人の価値観に大きく依存するあまりに何の共有感も生み出さないこともよくある。個人の感覚を共有できる形へと導くのがアーティストの役割であるのに、それが出来ないアーティストは世にどれだけ多い事か。
アートは個人の鋭い感性で社会の可能性を開くものであって欲しい。しかし一方で「面白い」という理由だけで末梢神経の刺激のごとく消費されていくアートは見ていて虚しい。
アートの連中を見ていて宿命だと感じるのは、少数派の意見の方に着目しがちなことだ。
大多数の人が共有している事実を疑ってかかり、相対化するのは確かに昔から個人性を重要視してきたアートの役割ではあるが、それが逆に目を曇らせてしまっている事も多い。
目の前で起こっている事、共有されている事に目が向けれず、いつまでも本当の理由探しをする姿勢はアンチを唱える事でしか位置づけられないような態度に見えるときがある。
何事でもそうであるが、その例に漏れずアートにもメリットとデメリットがある。それを分かった上で戦略的にアートを唱えるのは良いが、アート至上主義に陥る事だけは避けたいものだ。
[PR]
by innerscape | 2006-09-07 18:35 | アート

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧