flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

場を読む 空気を知る

a0091712_4531021.jpgこんなタイトルで学会が開かれる。
エンターテインメントコンピューティング2007という学会だ。
当センターの平田オリザ氏や芸人のぜんじろう氏などを招いた講演もある。
僕はここで実行委員および会場デザイナー兼アーティストとして関わっているのだが、なぜだかいつも連日徹夜続きになってしまうのだ...。
だが、今回も結構面白いことをしますよ。
なんせ400平米のホールの会場全体に羽毛を敷き詰めるというインスタレーションですから(笑)。
a0091712_4533248.jpg
10月1日から3日までの3日間、大阪大学吹田キャンパスのコンベンションセンターで行われてますが、学会参加なのでなかなか一般の方は来れないかもです。
せめてコンセプト文と実験時の写真だけでも載せておきます。
またのご報告をお楽しみに...。
a0091712_4535877.jpg


「場を読む 空気を知る」

目には見えにくいが僕たちの命を支えている大きなものが二つある。
それは大地と大気だ。
どちらが無くても人は生きる事が出来ない。
大地と大気は地球上をくまなく覆いつくし、国家や人種や人間が定めるつまらない規則を超えてずっと繋がっている。そのスケールは大きすぎて感覚的に捉える事が難しいだけなのだ。小さな人間である僕たちがかろうじて知覚出来る大きさにすると、大地は“場”へ、大気は“空気”へとスケールダウンした言葉になるだろう。

場も空気も、世界中どこであろうと常に僕たちを取り巻き、その生活を支えている。
最近でこそ、「意識せず、いつでも、どこでも、だれでも」が恩恵を受ける事が出来るインターフェイスを目指したユビキタス社会などと言われるが、場と空気は僕たちが生まれるはるか昔から文字通り「偏在」したきた究極のユビキタスである。
だが場と空気はあまりにも人間の生存条件と一致しているため、普段の生活の中で忘れさられていることが多い。特に視覚中心に過ごしている僕たちの生活の中では、こうした見えないものはことさら意識にのぼりにくい。しかし確実に僕たちの生命に影響を及ぼしていることは間違いないのだ。どこであろうと場を失うと人は生きて行けないし、呼吸困難に陥った時には空気のありがたさを知るだろう。
場と空気は僕たちが生きて行く上で欠かせない要素なのだが、そうした生物学的な意味を外したとしても、人と人とのコミュニケーションの局面でも実は欠かせない要素なのだと思う。
それは物理的な場と空気ではなく目には見えないが、人が寄り集ることでその間に形なき場が生まれ、コミュニケーションを図ることでその間で共有される空気が生まれる。コミュニケーションの質は場と空気へ影響を及ぼし、逆に場と空気の質がそこでのコミュニケーションの質へ影響を及ぼすのだ。それはテクノロジーがいくら進化しようとも、人が居る以上変わらないものなのだと思う。
いつの時代も場とは見るものではなくその関係性の中で読まれるものだし、空気は見るものではなく、息づかいや肌触りを通じてその存在を知るものなのだ。
そして決まった形があるわけではない場や空気の存在は、いつも「現象」として呼び起こされることで発見されてきたのだ。
だから場を読み、空気を知るための現象を呼び起こすインターフェイスとして僕はここに発泡スチロールと気泡シートとフェザーを挿入した。
空気を膨らませて成形した発泡スチロールと空気を内包した気泡シートを会場全体に偏在させ、空気をそこに固体化させ場を生むこと。そして微妙な空気の流れに応じてフェザーが舞うことは確実にそこにある空気の存在を僕たちに伝えてくれるだろう。
僕たちの身体の動きに応じて、フェザーはひとところにとどまらず右へ左へと移ろっていき、正反対に流動せずにじっととどまる空気としての発泡スチロールのキューブが織りなす風景は読まれる場の形を豊かにすると思う。こうした現象の狭間に立つことで僕たちは場を読み、空気を知るのだ。そしてそこで呼び起こされる現象は大地と大気へと通じているのである。

大地は長い歴史の中で人々によって奪い合う対象として眺められて来た。そして大気も今や地球規模の大気汚染や二酸化炭素の排出権などの形も含めて奪い合う対象となりつつある。
そのような時代だからこそ、もう一度大地へつながる場を読み、大気へつながる空気を知ることが僕たちには大切なことなのだ。

a0091712_4542246.jpg
[PR]
by innerscape | 2007-09-23 04:54 | アート

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧