flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

廃墟礼賛

a0091712_19394938.jpg

かねてより行きたかった場所で、なかなか機会が無かったのだが、つい先日遂に友が島へ行ってきた。
友が島は瀬戸内海の紀淡海峡に浮かぶ4つの島を総称している。
明治初年より陸軍が国土防衛のために砲台を建設した場所で1889年に第一砲台を設置したのが始まりで、第二次世界大戦が終わるまで重要な軍事要塞として利用されていた。

戦後アメリカ軍が砲台を破壊して今ではすっかり廃墟となってしまった無人島だが、珍しい動植物や地層などもあって、来島者も少しは居るようだ。
僕が参加しているコラボ研という研究会の一環で行ってきたのだが、30人近い人数で廃墟をウロウロする光景はなんとも異様なものである。
なぜなら人の姿が居ないことが廃墟の特質の一つだと思うからである。
その証拠に、30人近く居た人々のほとんどが廃墟を撮影するときに人影を入れることを拒否していた。
廃墟は無人であって欲しいという想いがそこには働いているように見える。

廃墟は死のイメージがつきっている。そして廃墟には植物がつきものである。
人が居なくなった後の抜殻だけが残っている姿に対して、侵食してくる植物の異様な生命力が対照的に生々しく映る。
まるで廃墟は植物の生命力を確認するための施設であるかのようだ。
その植物の意味するところは人間の管理の手が入っていないことであり、それはすなわち人間によるコントロールの不在を意味する。
かつては人の息吹があった場所が、今ではすっかり消えてしまいその痕跡だけが残っている場所。それが廃墟なのだ。
そうした姿に人はどこか儚さを感じるのだろうか。廃墟を礼賛する人はそう少なくはないはずである。

こうした廃墟礼賛は今に始まったことではなく、ヨーロッパの文化を中心に幾度と無く廃墟がモチーフにされて作品が作られてきた歴史がある。
16世紀初頭のイタリアにおいてはすでに人工的に作ったニセ廃墟が(シャム・ルーイン)があったらしく、廃墟に対する渇望がこんな時代にもすでにあった。
17世紀には絵画の主要モチーフとして廃墟のイメージが何度も登場する。18世紀に入るとピラネージを初めとする芸術家にとって廃墟はインスピレーションの源泉になり、また主に英国を中心に庭園の添景物として廃墟が作られ始める。
結果としての廃墟ではなく目的として廃墟をつくることに貴族達が興じていた事実は面白いが、人口廃墟というのは果たしてリアリティを持ちえるのか疑問である。
遺跡とは使われている姿だが、廃墟とは使われていない状態を指すのではないか。打ち捨てられているから廃墟なのである。
廃墟は積極的な意味や機能を持ってはいけない。意味や機能が抜け落ちた後の状態が廃墟だからである。
面白いのは友が島の第三砲台などを見ていると、全く意匠的な意味合いを感じないところだ。
かつては機能と意味しかなかった空間だったのだろうが、それが今では全く反転してしまっている。
そのことも施設の死=廃墟を語っているような気がする。

しかし不思議なことに現代においてなぜか廃墟的に発見されるものに工場がある。
それも現在も稼動中の工場は意味と機能に満ちあふれているはずなのに、工場地帯には廃墟的な雰囲気を感じるのはなぜだろうか。
工場もやはり人が住んでいないということから生活感が欠如しているからだろうか。
それとも工場の持つ異様なスケール感は僕達の生活実感とかけ離れているからなのだろうか。
工場の内部や外部にある装置が僕達の理解を超えているからなのかもしれない。
いずれにしても何か理解できない感覚、どこかコントロールし切れていない感覚が廃墟にも工場にもつきまとうような気がする。
解体されてしまった香港の九龍城砦やアメリカのプルーイット・アイゴー団地などは、人が住んでいるにも関わらず生きながらにして廃墟的なイメージを帯びていったのは、やはりアウトオブコントロールな状態があったからであろう。

そのコントロールし切れていないイメージとしての廃墟観が作品の中で引用されることも多い。
大友克弘のアニメーション『AKIRA』における「ネオ東京」や映画『ブレードランナー』での廃墟観、漫画『北斗の拳』での廃墟観など挙げればまだまだ出てくるだろう。

廃墟礼賛については今後も色んな断面から考えていきたいテーマである。
廃墟は僕を考えさせる存在である。
[PR]
by innerscape | 2005-04-29 19:33 | 崩壊のロジック

科学技術と風景

a0091712_20235715.jpg

毎週木曜日はCSCDの全体ミーティングが行われる。

しかし、前回もその前もそうだったのだが、その場に居られる方々のお互いの専門や経歴、問題意識や取り組んでいることなど具体的な事が何一つ明らかになっていない中ミーティングが進められるので、いささか迷走気味な空気が流れている。
コミュニケーションデザイン・センターなのに、スタッフ同士のコミュニケーション不全の状態が続くのはいかがなものかという問題意識は共有できているようで、今日からはスタッフそれぞれが今までどんな事をしてきて、どんな事をしようとしているのかということを共有するために毎週、人を代えてプレゼンテーションを行うことにした。

今日のプレゼンテーターは副センター長の小林傅司さんで科学哲学を専門にしている先生である。
僕自身は科学哲学という分野自体については全く知識をもっていなくて、アインシュタインの相対性理論とプラトンのイデア論とブッダの色即是空の類似性を語っているような分野なのだろうかと思っていたのだが、そうではなく科学者が持っておくべき倫理観や哲学、知識やコミュニケーション能力についてどんなことをしてきたのかというプレゼンテーションでとても面白かった。

小林さんは理学部出身なのだが、そこから科学史の方へ進まれた人である。
理系の科学者が人文系の知識についてまるで知らないこと、その逆に人文系学者のテクノフォビア、そして学術とは無縁のところで生活する市民が広い知識を持ち合わせていないという知識不全、コミュニケーション不全に大きな問題意識を感じている。
そうした問題意識の中、科学技術者と専門的知識を持ち合わせていない市民を同じ場で議論させるコンセンサス会議を初めて日本に持ち込んだ人である。

コンセンサス会議というのは1980年代にデンマークで生まれたテクノロジーアセスメントの1つの手法なのだが、これが画期的だったのは専門家同士の合意ではなく一般市民(この一般市民という言葉も誰を指すのかということがCSCDでは議論になっているのだが・・・)を含めて行われたところにある。

委員会はあるテーマを設定して、公募によって選ばれた市民パネル及びその分野を含む様々な分野の専門家を呼んで質疑応答などのプロセスを交えながらテーマについての議論を行う。
ここで面白いのは色んな考え方の専門家を呼ぶところである。

例えば原子力テクノロジーについての討論であれば原子力に賛成派も反対派も呼んで討論を行い、そのことで、様々な角度からの意見があることを共有し安易な予定調和に至らずに議論が深まったり、あるいは市民がそのことについて考え始めたりすることに意味があるという。
選ばれた市民だけが議論に参加できるというのは、サイレントマジョリティの問題を解決していないとはいえ、単純に1つの価値観が共有されなくなっている時代にこうした会議を行うことや、規模は違えど朝まで生テレビのような番組で議論するプロセスを公開していくというのは、市民意識を変えていくことに大きな意味を持っているように思える。

もうひとつ面白かったのは日本人が持っている自然の征服と幸福についての価値観の変遷グラフである。1960年代までは『人間が幸福になるためには自然を征服してゆかなければならない』という意見に賛同する人が『人間が幸福になるには自然に従わなければならない』という意見よりも圧倒的に多かったことに対して、1968年から1973年の間にその関係は一気に反転するという結果をデータで見せてもらった。
確かにこの68年から73年の間は68年パリの五月革命を初めとする世界各地で起こる学生運動、69年のアポロ11号の月面着陸、70年の大阪万博、73年のオイルショックなどなど、様々な局面でパラダイムがぐっと振られていく時代だったのだろうということが意識調査に現れているのが非常に興味深い。
万博にモダニズムのアンチとしての自然の象徴、『太陽の塔』を建てたことが本当の反博だと言う岡本太郎の引用も冴えている。
小林先生が今科学技術業界を含めて行われている議論はこの70年代に提起された問題の延長であると言っていたコメントも興味深く、まさに国民の多くが食糧生産従事者から企業人へとシフトしていった70年代は、ライフスタイルの変遷を通じて社会風景のあり方が変化した時代だったのである。

プレゼンテーションの最後の方では、72年に科学と政策の接点であるトランスサイエンスを提唱していたワインバーグの話を引用しながら、今の時代性について考察をされていて、ある科学技術の是非や採択は科学者達だけの問題でも政策側だけの問題でもなくその重なる部分になってきているため、何を採択するかはパブリックに開いた上でその意思決定が共有されるプロセスが重要であるとしていた。

科学技術の問題もそうであるが、ある領域の問題だと考えられていたことを様々な分野を俯瞰してメタな補助線を一本引くと関係性が見えてくるという考え方は、風景(ランドスケープ)が持っている統合された視点からの読み解きと同じ眼差しである。

しかし、総合的な社会環境に取り組むはずのランドスケープが今しているデザインが、農作物の遺伝子操作の問題や原子力発電の問題などと、どう関係づくのかはあまり見えてこないのではないだろうか。

風景デザインなどと言って大風呂敷を広げているが僕達が背負える責任の範疇というのは実はちっぽけなもので、大きな社会問題についてひょっとすると何も出来ないのかも知れない。
とはいえそうした科学技術や社会問題への意識を持った人々がどんなライフスタイルを選ぶのかということはすぐにも風景の問題と関係づいていて、その時に僕達がどんな環境像を提示できるのかということは少なくとも責任の範疇にあるはずである。

そのことについては常に考えておかなければならない問題で、風景を考える職能としてはCSCDで他分野の方々とのセッションを通じて広く模索していきたいと感じた会議だった。
[PR]
by innerscape | 2005-04-14 20:24 | コミュニケーションデザイン

強く美しく誇らしく

a0091712_1451660.jpg

以前からずっと会いたいと思っていた、エリカ・バドゥに遂に会ってきた。
5年前に一度来日した際には彼女に会うことが出来なかったので今度こそは彼女の歌声を堪能しようと楽しみにしていたのだが、突然鳴り響く雷に激しい雨、4月だというのにやけに冷たい風。
何だか不吉な天気だなと思っていたら案の定、彼女のコンディションが悪いことが知らされた。
先日の愛知万博でMISIAと一緒におこなった野外ライブの際に風邪をひいてしまったらしい。
予定より一時間ほど遅れてスタートしたライブアクトにもなかなか彼女の姿は現れず、少しオーディエンスがいらつきはじめた中、ようやく彼女がステージに姿を現した・・・。

エリカ・バドゥは1997年にアルバム『BADUIZM』でデビューした黒人のシンガーである。
80年代の黒人音楽が電子楽器に偏っていたことへの反動から、90年代の初頭あたりに生楽器のグルーブが再評価され広がったアシッドジャズ/レアグルーブの流れ。そして同時に台頭してきたヒップホップ、クラブカルチャーへの流れが見事に融合し始めたのが90年代半ばのネオクラシックソウル、あるいはオーガニックソウルと呼ばれる音楽である。
そうしたムーブメントの中、アルバム『BROWN SUGAR』で華々しいデビューを果たした天才ディアンジェロと並んで登場したのがこのエリカ・バドゥだった。
ソウルな歌声、ジャズのメロディ、ヒップホップのグルーブを持った彼女の音楽を今では継承するアーティストは多くいるものの、彼女のセンシティブでエキゾチックな表現に今でも僕は魅了されている。

皆が不安気に見守る中、彼女はノドを痛めかすれた声で歌い出した。
エンターテイナーはステージに立つ以上、寸分の甘えも許されない悲哀を抱えている。
ベストではないコンディション。
多くの観客の期待のまなざし。
このライブのために動いた数多くの人と巨額の資本。
これらを全て一人で受け止めなければならない。
そうしたプレッシャーを跳ね除けて輝くことが出来るのが真のプロフェッショナルだということを彼女は今夜教えてくれた。

ノドをかばいながらうたう痛々しい彼女の姿も感動的だったが、途中涙を流しながら"I can't stand my throat pain..."というフレーズを歌の中に織り込む演出や、自分が出せなくなってしまったハイノートのフレーズを観客に求める機転の速さは見事で、彼女の魅力は決して歌声というところだけにあるわけではないことを改めて知った。
決してベストな状態で行われた演奏ではなかったが、素晴らしいステージだったと思う。

ライブとは決して音楽を聴くだけではないのだ。
そのアーティストの表情や息づかい、眼差しや動き、パワー、空気感を共有する場なのである。
僕達はエリカ・バドゥの“歌”を聴きに来たはずだったのだが、エリカ・バドゥという“人”の強さと美しさを感じて帰ってきた。

すさまじいプレッシャーの中、強く美しく誇らしく輝く彼女。
しかしその背後に並々ならぬ覚悟と勇気と器量を持つことがその輝きを支えているということの意味を、教えられた夜だった。
[PR]
by innerscape | 2005-04-03 14:48 | 音楽

美しく年を重ねること

以前よりお願いされていた『ビューティーエイジング』という健康食品のパッケージデザインの打ち合わせのため四ツ橋へ出かけた。
この健康食品は40代の女性をターゲットにしたサプリメントで、更年期障害などが出始める年頃の女性に年とともに美しく健康的な生活を送ってほしいという願いから開発を進めている商品だそうだ。

夕刻からクライアントの小柳社長、御所薬舗の瓜阪氏と共にトルコ料理を食べながら色々と打ち合わせをしていたが、薬品業界というのは今まで触れる機会がなかったので新鮮に感じたと同時に、繊細な業界だけになかなか制約が多く大変そうである。

他の業界の事情は良く分からないが、エイジングの美しさという考え方はランドスケープの業界でクリシェになっている。
ゆっくりと時を経て変化していくデザインや、時間を経て豊かになっていくデザインを求められることの多いランドスケープデザイナーが、『年とともに美しく』を標榜するサプリメントのパッケージデザインをすることははなかなか勇気のいることなのかもしれない。

丁度良い機会なので、時間が経てば豊かになっていくものは何があるのだろうかと考えてみる。
時間が経つことで獲得していく魅力・・・。
ベタなところを想像してみると樹木がすぐに思い浮かぶだろう。
確かに樹木は若木のときは葉も少なく、幹も枝ぶりも貧弱な様相をしているが、時を重ねるたびに年輪が増え力強さと豊かさを増していくように見える。
『成長』することで獲得する魅力である。
上流から流れてくる間に角が取れて丸く磨かれた川石はどうか。
これは成長という概念ではないが、色んな紆余曲折を経てカタチが『洗練』されていくという魅力だろう。
長い年月風雨にさらされて色に渋みがついたレンガの壁。
これも同様に時間を経る中で色んな紆余曲折を経て魅力を獲得していくのだが、壁はただ攻められるだけで川石のように何も動かずシェイプを変えることも無い。『蓄積』によって獲得した魅力といえるのか。

考えてみれば、ピカピカで新しいものだけが美しいとする価値観は一義的でつまらないようにも思えてくる。
それは人間にとっても同じことが言えて、一時の熟女ブームではないが若い娘の中にしか美がないというのはつまらなくて、『老』を積極的に肯定することで見えてくる美しさがあるのではないかという想いになる。
同じような視点では、作家で芸術家の赤瀬川原平が年を取っていくことで身についていく能力の事を『老人力』といって積極的に肯定している。
忘れるということや力を抜くということが年を重ねることで身についていく能力だという視点はとても興味深い。

ただの直感に過ぎないのだろうが、僕達が美しいと感じるその根底には生命感の表現のようなものがあるような気がする。
小さい子供や若さの中に美しさを感じるのは、生命感をがあふれ出る表現形なのだからだろう。
逆に年を重ねた中で見えてくるのは、生命感が丁寧にコントロールされた美しさなのではないか。
健康な状態を身体にまかせて外に発するのではなく、中に溜め込み丁寧に生命の発露を制御し積み上げていく振る舞いが年を重ねた中で見えてくる知的な美しさのように感じられる。
そのためにはやはり健康でなくてはならない。
単純な答えだが、美しく年を重ねるということはやはり生命を回し続けることだ。
その生命を回し続けることこそが美しさで、変化していく表現形態に本質はない。
戦争と平和を書いたロシアの小説家レフ・トルストイは、植物の発芽を例にとって言う。
穀粒の胚の中にあるように見られた生命が発芽すると芽に移り、それが成長して花が咲くとそこに移っていく。そして花が落ちて胚が出来る。
では一体生命はどこにあるのか。
生命とは生き物の誕生の時から死に至るまでに、その中で生起するところのものであると彼は言う。
生きているプロセスの中で生命の表現をすることが美しさの秘密なのではないかと思う。

さて美しさの秘密について一通り納得したところだがしかし、やはりランドスケープデザイナーは樹木が好きなのだろうか。
やはり堂々と生えている樹木の美しさについて気になる。
植物と動物の違いを考えてみると面白くて、動物細胞は死ぬと消滅していくのに対して、植物細胞は死ぬことによって積み重なって構造体をつくっていく。
時間が身体に封じ込められるというわけである。
使われた後の抜け殻が積み重なって風景を作っていくようなパッケージは、一体どんな形をしているのだろうか・・・。
[PR]
by innerscape | 2005-04-02 14:50 | プロダクトデザイン

世界のかけらを集める旅

a0091712_14541482.jpg

4月1日に大阪大学コミュニケーションデザインセンター(CSCD)が開所した。
CSCDは70年の大阪万博の記念公園の中にあり、当時の面影を色濃く残す万博記念協会ビルの真っ赤に塗られた空間を抜け、3階の一角にあるセンターへ向かった。
急に決まった人事なので、当日まで何も情報がない状態で不安気に向かったが、どうやら僕の席はちゃんとあるようで少し安心した。
思い返せばすでに来ている他の方々も、あまり詳しい事情を知らなかったようで、僕と同じようにどこか不安気な面持ちだったような気がする。

鷲田清一先生を始め、続々と集まってくる先生方の顔ぶれは蒼々たるものがあった。
医学、看護学、ネットワーク工学、社会学、人類学、科学哲学、アート、美学、防災マネージメント学、臨床哲学、グラフィックデザイン、文学、演劇などなどの専門家が文理の領域を超えて集まるこのセンターはいわゆる大学の研究機関というよりは現場での実践や市民を含めたワークショップが求められている。
こうした顔ぶれの中、僕はこの中でただ一人、空間デザインを扱うアーキテクトとして関わることになる。

まだ顔を合わせたばかりなので、お互いの専門が何で、今までどんな経緯を経てここへやってきたのかは全くわからないが、こうした場に来て見ると今まで自分が関わってきた世界がいかに狭いかということを思い知らされる。

僕の携わるランドスケープデザインが担おうとしているのは風景のデザインである。
風景は数々のエレメントが関係づいている状態の総合的な像であって、その個別のエレメントを成り立たせている構造がそれぞれの背後にあることを知らなければならない。
そしてそうした個別のエレメントの構造は社会の成り立ちと深く関係していて、それが表象の風景としてどのように現れるかをデザインするということは生半可な知識や理解では到底及ばないということも同時に理解するべきである。
このCSCDにはこうした個別のエレメントの構造を深く知るそれぞれのプロフェッショナルが集まっている。
そしてそれぞれの分野は様々な問題を抱えており、程度や時間の差こそあるが風景の問題に還元されていくだろう。
そのときにこうした問題の解決に対して、ランドスケープという専門職がどのように関わっていけるのかが僕自身を通して問われることになることを感じている。
今までのように造園学や建築学という数少ない世界のかけらしか持っていない中で『風景をデザインする』、『社会をデザインする』などと言っていると、風景の問題を解決するどころか、風景について考えることも到底及ばない。
この5年、ここに集まる方々が持つ世界のかけらを1つでも多く拾い集めていく旅の中で、総合的な風景のあり方を点描していくことが、すなわち自分の職能を問うことにもつながるのではないかという気持ちでいっぱいである。
[PR]
by innerscape | 2005-04-01 14:55 | コミュニケーションデザイン

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧