flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

小さな箱から大きな風景へ

a0091712_22341778.jpgこの4ヶ月ほど密かにデザインを進めてきた健康食品のパッケージが終に完成した。
『ビューティーエイジング』という名前の健康食品で、成分にはレッドクローバーやαリポ酸などが含まれており、主に40代の女性の美容を考えたサプリメントである。
クライアントの御所薬舗さんとずっと進めてきたのだが、なかなか面白いパッケージに仕上がったと思う。
中身はカプセルなのだが瓶詰めにされており、それを一瓶づつ包むパッケージと三つセットの販売もされるというので、そのセット包装用の箱も依頼されていた。
まずコンセプトの段階で考えたのは、名前のとおり美しく年を重ねるとはどういうことなのかという事である。美しく年を重ねるという事から、時を経るごとに豊かに枝振りを伸ばしていく樹木をイメージしたのだが、樹の幹が小さな植物細胞を積み重ねて樹木全体を支えているように、あるいは小さな葉っぱが集まって大きな樹木の姿を形作っているように、小さな箱を積み上げることで大きな風景になるような箱のデザインが出来ないかと考えた。

a0091712_22344154.jpgそこで今回採用したのは六角柱のデザインである。
化学記号のベンゼン環をイメージさせるハニカム形状にすることで丸い瓶を支える際に四角形よりも接する面積が大きく安定して梱包できるというメリットがあるのと、積み重ねた時の安定性も増す。積み重ねた時の全体形状も蜂の巣のように多様性が出るので、陳列された状態が面白い風景を生み出すにちがいない。セット包装の方も3つの六角柱が収まるように六角柱で包み、切り株のようなものを目指した。これもパズルのように全体の陳列に加えるとアクセントになると思う。
紙は少し筋状にテクスチュアが入ったものに金の箔押しでロゴを入れ、ニスコーティングせずに優しい手触りが楽しめるようにした。並べられたときに見える上部にはαリポ酸が含有されている事を示す『α』の文字をエンボス加工して、こちらも視覚と手触りとの両方で楽しめるように工夫した。

a0091712_22351721.jpg色のラインナップは2パターン。一般の薬局用とエステサロンなどに置く仕様で、一般用を生成りの肌色に、エステ用を優しい橙色にした。エステ用は黒い色に金色のロゴを載せ、炭のようなデザインをしたかったのだが、バーコードの関係で地の色に黒は採用できず炎のような橙に落ち着いた。
一番苦労したのは、底のデザインである。通常こうしたパッケージの底は地獄底(セミオートマチックロック)と呼ばれるように落し蓋のような形状をしているのだが、通常は四角形のデザインでしかみかけない。六角形のものを6ピースの地獄底にすると強度が格段に落ちてしまい、瓶を振るとすぐに底が抜けてしまうという問題があったのだが、色々と研究と改良を重ねて構造を模索する中で六角形でも地獄底に出来る形を発見した。
結果なかなか面白い箱が出来たと思う。

a0091712_22354063.jpg僕自身プロダクトやパッケージのデザインを専門にしているわけではない。しかし風景という切り口から小さなモノに落とし込む視点という意味では、今回作ったパッケージはひょっとするとランドスケープデザインの一つなのかも知れない。
願わくばモノそのものが生み出す風景だけではなく、それが売り買いされる風景やモノを巡って発生するコミュニケーションが豊かな風景を生んでくれますように。
[PR]
by innerscape | 2005-08-24 22:33 | プロダクトデザイン

コンテクストの輪廻

a0091712_0622100.jpgCSCD主催イベントのサマープログラムが開催された。
題して『舞台芸術にふれよう!!』ということで、今まで芸術、特に舞台芸術とは縁が遠かった大阪大学の学生を対象にワークショップが行われた。
劇作家でCSCDの教授でもある平田オリザさん、そして彼の率いる青年団という劇団の舞台美術を担当されている杉山至さん、そしてCSCDの教員でコンテンポラリーダンスを専門にされている志賀玲子さんのコーディネートでダンサーの岩下徹さんの3名によって4日間に渡るワークショップだった。
7月30日から8月3日まで行い、午前中は講義、午後から3班に分かれてローテーションで3つのワークショップを体験する。
僕も音楽でステージに立つ以外では、舞台芸術にはあまり触れたことのない部類だし、映画出演のオファーもあることなので思い切って参加してみることにしたが、平田さんはじめ舞台芸術系の方々がなぜこのコミュニケーションデザインセンターへ呼ばれたか非常に良く理解できる内容だった。


a0091712_064491.jpg普段僕たちは生活する中で何が自然な動きで、何が自然な言動かなんて意識して立ち回っている訳ではない。
しかし、ひとたび何かを演じるということになればそうした自然な振る舞いがいかに難しいか、そしてその自然な振る舞いの中にいかに多くのコミュニケーションのヒントが隠されているかということが意識される。
演劇というとセリフを中心とする言葉が意識されがちだが、実は言葉以外の動作でも我々は色んなメッセージを発し受け取り暮らしている。
人が二人で会話をするという単純な風景の中にも、どこでその会話がなされるのか、視線や意識はどこへ向いているのか、言葉と言葉の間がどういう長さで取られているのかなどといった会話の中身以外の部分を少し変えるだけで、全く違った意味や関係性がそこに生まれる。
演出家の仕事は登場人物のそうした関係性をチューニングしていくことなのだと感じる。
演劇ワークショップの中では実際にセリフを読んでいくのだが、同じダイアローグを何度も違う演出で繰り返すような事もした。
さっきよりも間を空けてセリフを読み上げることで発生することで新たな意味が発生したり、また関係性を先に決めてから演技へ入るというパターンもある。関係性が決まればおのずとセリフのトーンやしぐさも変わってくる。
このあたりは対話を中心としたコミュニケーションテクニックにとっては本質的な部分で、逆に考えるとしぐさや言葉の間の取り方を操作することで相手に与える印象をや関係性をある程度コントロールするということにつながるからである。

a0091712_0710100.jpg平田氏はこうしたことを『コンテクスト』(文脈)という言葉を使って話す。
空間デザイナーの間では、コンテクストは街やその空間があらかじめ持っている性質や、そこが歴史的にどういう場所性を経てきたのかという履歴などを指してコンテクスチュアリズムなんていう使い方をするが、演劇におけるコンテクストというのは、その人の中に蓄積されている常識や世界観という意味になる。
それぞれのコンテクストは当然育ってきた環境が違うため人によってバラバラなので、そこにコミュニケーションの難しさ(あるいは面白さ)というのがあるのだろう。
このコンテクストのズレは僕たちも普段よく経験することである。
ある家庭では『椅子』と呼んでいるものの事を、どこかの家庭では『腰掛』と呼んでいるような状況___。
お互い違う人をイメージしながら話ししていて会話が噛み合わない状況___。
ドラえもんと言えば誰でも知っているのに、外国人には通用しないような状況___。
こうした状況は全てコンテクストのズレから来る。
これがさらに発展するとコミュニケーション不全ということになるのだ。
演出はそうした互いのコンテクストを刷り合わせるというように平田氏は言う。優れた演出家は演技者のコンテクストを引き寄せることが出来るという。
ダメな演出家はすぐに怒る。それは自分がイメージしている演技を役者がしないからだと。しかし、それは演出家のコンテクストを役者のコンテクストが違うのが原因で、演出家がイメージする演技を役者のリアリティの中で説明する必要があるという。
これは日常的なコミュニケーションでも十分起こりうる話しだ。
なかなか人間は自分のコンテクストから抜け出せないし、コンテクストを否定されることは人格を否定されることにつながる。
それを上手に刷り合わせていくところにコミュニケーション技術の妙があるのだろう。
そうした意味では毎日そういう人と人とのやりとりについて考え、どうすれば人に伝わるか、どううれば人に感動を与えられるかを常に考えている劇作家や演出家はある意味でコミュニケーションデザインのプロフェッショナルになれる可能性がある(全ての人がそうであるという訳ではないが…)。
通常の僕たちのコンテクストにない難解な言語を用いて話すことは、結果として何も伝わらない状況を招く。
これは僕のブログでも反省すべき所なのだがね…
[PR]
by innerscape | 2005-08-03 00:03 | コミュニケーションデザイン

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧