flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

心の闇を暴く仕事

社会の中で生きて行く上で、人に要求されるのは平坦な心と態度だ。
他者と接するパブリックな場所では、感情の起伏を激しく出す事は禁じられ、平滑で平坦で平均化した態度と感情をもって丸くおさめることを求められる。

しかし人間の心というのは本来そう丸くはなく、いびつな形をしているものだ。
それを無理矢理丸い形へあてはめるものだから、様々な不具合が起こる。
丸い輪郭から突出した部分や欠落した部分というのが降り積もり我々にストレスとしてのしかかる。
そうした抑圧を繰り返すうちに、ささいな事が人を狂気へ駆り立ててしまうこともあるのだ。

芸術にもし社会的な役割を見出すとすれば、そんな心のいびつな形を暴く事だと思っている。
人が心に抱える様々な闇を暴き、それを肯定する。

それが芸術家という職業の持つ社会的使命の一つだと思う。
自己表現という形として受け止められるが、実は単なる個別解を超えた自己の中にあるパブリックを見つめる行為だ。
深く自分の中を見つめ、それをリアルに描き出す。
それは哲学に近い行為を通して紡ぎだされる一つの叫びだ。

その叫びに触れる事で、人はいびつな心を許されるのではないか。
自分が心に抱える闇は自分一人が持っているのではないことを確認するのだ。

心の闇に触れる事はとても危険な行為だ。
うかつに触れてしまうことでこちらの世界に帰って来れない事もある。
だから芸術を実践するということは実は精神を病んでしまう可能性がある危険な行為でもある。

しかしそうした数々の危険をくぐり抜けた芸術家が、その心の中をリアルに暴く事で、多くの人が救われる可能性があるのもまた真実なのだと思う。

芸術家は社会から逸脱した存在として捉えられる事が多いが、実は逸脱することでいつの世も社会を相対化して捉えてきた職業でもある。

だからこそ優れた芸術家は人に感動を与え、尊敬を集める存在なのだ。
[PR]
by innerscape | 2008-07-31 01:09 | アート

いのちとかたち

a0091712_21183.jpg


自分では節操もなく様々な表現に首を突っ込むが、一貫して“いのち”に関心があるように思える。
アートをするのもいのちが何かを知りたいと思うからだ。
役者をするのも、人のいのちのあり方を内側から知りたいという想いが強いからだ。
ストーリーを書いた防災絵本のタイトルも「いのちをまもる知恵」だ。
いのちそのものにも、いのちの集合した自然や社会にも僕の興味は尽きない。


人は「いのち」を見分けられるのか。
そんな問いが自分の中で立ったことがある。

生命科学の出自でランドスケープデザインをしていたこともあり、植物を含めたいのちに触れることが多かったせいもあるだろう。

本物の花と造花には何の違いがあるのかと疑問に思ったことが、先日行われた森のコモンズというイベントで「ニテヒナルthe fourth nature」という作品を作るきっかけの一つになった。

もし造花で人間の心が本当に満たされるのであれば、それで十分なのだと本気で思う。
水やりなどの余計なメンテナンスは必要ないし、長持ちもする。
いつも一番奇麗な状態で迎えてくれる造花の方がよほど合理的だと思う。

しかし、僕は人が植物に求めるのはそこではないのだと思う。
つまり“かたち”ではないということだ。
造花は“かたち”しかない。
当たり前のことだがそこに“いのち”はないのだ。
どれほど“かたち”が精巧に作られていてもそれは似て非なるものなのだ。

人はいのちを求めていて、いのちにまみれる中でしか生きる事は出来ない。
毎日いのちを口にして自分のいのちを長らえ、同じいのちである人間や動物に触れる事で自分の心を保っている。

だから人が植物に求めるものは“かたち”ではなく“いのち”なのだと思う。
植物のかたちを作ることは、いのちが最もスパークしている瞬間をとどめておきたいという自然への渇望の表れだと思う。
そんな自然への渇望から生まれたいのちを模したかたちを僕は第4の自然と呼ぶ事にした。

なぜ第4の自然かというと、第1から第3までは既に語られているからだ。

第1の自然は人間が手を付けずとも勝手に存在している原生自然。つまり字のごとく自ら然るべきものだ。
第2の自然は人間が飼いならした自然。つまり農業に見られるように人間の目的に応じて選択され栽培飼育された自然。コントロールされる自然の事で西洋で生まれた科学がそれを目的にして今の近代文明が出来ていると言っても良い。
第3の自然は人間が文明の中で作った環境基盤に侵入してくる自然。アスファルトから生える雑草や廃墟を蝕む植物などもそうかも知れない。建築物や土木構造物などの人工物が生み出す環境にニッチ(生態的地位)を見出し、そこへ侵入してくる自然である(宮城俊作氏の論考に詳しく書かれている)。

そのどれでもない自然の事をとりあえず僕は第4の自然と呼んでいる。
その内の一つが、造花のように自然を模した自然ではないようなもの。
それは第1から第3で述べられているような自然とは言えないのかもしれない。
でも人間そのものが自然であり、その営為は全て自然だと言うのならば、自然というものを意識した人間の表現行為そのものを自然という事も出来る。
展望台の上から街を見下ろした時に、その街のありように自然を感じる。
いのちの表現がそこにあるからだ。
工場の配管を眺める時にもそこにエコロジカルな表現を感じるのも同じだ。

また自然のウィークポイントをテクノロジーで補う人間の営為も第4の自然に今のところカウントしている。
例えば義手や義足のように身体という自然の機能をサポートする技術。
また、近年のエコロジー技術や埋め立てのような土木工事の一部には自然をテクノロジーでうまく促すサイボーグ的なものを感じる。
第2の自然と似ているのだが、少し違うように僕は捉えている。

a0091712_215429.jpg


少し話がそれたが、そういう第4の“いのち”である造花やフェイクプランツを実際の自然の中に挿入してみたのが「ニテヒナル the fourth nature」という作品だ。

そして森のコモンズの来場者のレスポンスから結果僕が感じたのは、人はやはりいのちを見分けることが出来るという感覚だ。
この森のコモンズの時にはそれ以外にいくつかの目的があったのだが、ここではそれには触れない。
ただ、“いのち”と“かたち”の違いについて人間はまだ見分ける能力を失っていない事に胸を撫で下ろしたい。
もしいのちを見分けることが出来なくなれば、人間は危ないと思う。
そして僕にはその日がすぐ目の前に来ているように思えて仕方ないのだ。


a0091712_223426.jpg


撮影:kutowns studio
[PR]
by innerscape | 2008-07-10 01:54 | 自然について

必要の必要性

大きく分けて人間は、“必要としたい”人と、“必要とされたい”人に分かれる。


“必要としたい”人は仕事も恋も友情も、自分から追いかけて行く。判断基準は全て自分の中にあり、主観が第一で動く。人がなんと言おうと自分の感覚を大切にし、一度信じたことは簡単には揺らがない。自分が信じていることを相手にも信じて欲しいと思い、きっと信じてもらえると思っている。

一方で“必要とされたい”人は仕事も恋も友情も、相手から来るのを待つ。判断基準は常に相手で、客観を重んじる。自分の感覚の危うさを知っていて、様々な状況を勘案して物事を判断するので簡単には物事を信じない。人が信じている事を知りたいと思い、信じられなければ自分の力が及ばなかったと思う。



“必要としたい”人は強い人と呼ばれる事が多いが、““必要とされたい”人は柔軟な人と呼ばれる事が多い。

“必要としたい”人は頑固者と呼ばれる事が多いが、“必要とされたい”人は優柔不断と言われる事が多い。





“必要としたい”人は自分の中にエネルギーがあり、自分が気持ちいい事が第一である。

“必要とされたい”人は誰かのために動く時にエネルギーが湧いてきて、相手の喜ぶことが行動のモチベーションとなる。



“必要としたい”人は必要性を感じてその人を選ぶが、“必要とされたい”人は必要だと言ってくれる人に必要性を感じる。

“必要としたい”人は相手に支えられることで生きていけるが、“必要とされたい”人は相手を支えることで生きていける。


“必要としたい”人は人に甘えるのが得意だが、
“必要とされたい”人は人を甘やかすのが得意だ。




しかし大きな落とし穴がある。
“必要としたい”人は実は“必要とされる“人なのだ。
逆説的なのだが、人から「必要とされる」ためには、実は人を「必要としなければ」ならない。
そこに“必要とされたい”人の悲哀がある。
[PR]
by innerscape | 2008-07-06 00:44 | コミュニケーションデザイン

工事看板のコンペ

a0091712_21111259.jpg


車に乗る人ならば一度は覚えた事のある感覚。
渋滞のイライラ感...。
いつになれば車が動きだすのか分からないし、どこが先頭かも分からない。
あのいらだちは実際にハンドルを握らずとも誰しも感じた事があるだろう。
しかもそれが道路工事による渋滞であればなおさらだ。

憎しみをぶつける対象もはっきりとしているため、みんなのために必要な工事とは分かっていても、ついいらだちを隠しきれずになる...。

そんな路上工事による渋滞のいらだちを何とか看板のデザインで解決出来ないだろうかという、ちょっと変わった研究会に昨年より出向いている。

京都精華大学が行う研究会だが、ランドスケープデザインの立場から呼ばれていくことになったのだ。
京都精華大は人文学科やデザイン学科と並んで日本でも初めてのマンガ学科があり、養老孟子さんが館長を務める京都国際マンガミュージアムの運営もこちらの大学が手がけている。

a0091712_21114067.jpg

そこで学科を超えて全学的に研究者を集めてこの研究会を行っているのだが、そこで工事看板の新しいデザインについてのコンペを行った。
対象は京都精華大学の学生とOBで、3部門に分けて募集した。
現状の工事看板を改良するアイデア、京都らしさを盛り込んだ看板のアイデア、渋滞のイライラを緩和する新しいツールやアイデアという3つだ。

結果は160点近い応募があり、京都国際マンガミュージアムで公開審査会を行う事になった。
色んなアイデアやデザインが出てくる中、高名な漫画家の牧野先生や、副学長で建築家の葉山先生などに混じって僕も審査していった。
稚拙な表現も多い中、出来るだけアイデアの面白さがあるものを中心に選ぶようにした。

今回はかなりハードルを下げて多くの案を募ったので案としては稚拙なものが多かったが、なかなかこうした学科を超えて募集するコンペというのは珍しいらしく、今後もこうした横断的な取り組みをしていければと思う。

a0091712_21105080.jpg

[PR]
by innerscape | 2008-07-05 20:55 | 装置と風景

クリエイティブクラスターミーティングへ参加しました

先日、メディアアートのプロデューサーでもあり、横浜のクリエイティブクラスターを主催されている岡田さんとお会いした時に、Mebicの堂野さんと知り合った。
そのご縁で、大阪のクリエイティブクラスターミーティングという会に呼ばれて話して来た。
Mebicでは、2年前からクリエイティブクラスターミーティングというクリエイター同士が少人数で話し合う会合を企画している。今年度の第1回目として、テーマを「ザ・プロデューサーの選択 〜 その時、あなたは,どう仕切るのか?」という内容で、プロデューサーの経験値がある方10人程度が集まり、コーディネータのエサキヨシノリ氏の司会のもとに意見交換を行ったのだが、これがなかなか面白かった。
僕はスピーカーの1人として呼ばれて行ったが、それ以外にも色んな方々が。
せっかくなので、少しスピーカーの紹介をしたい。

【コーディネータ】
エサキヨシノリさん 情熱の学校 学長!&情熱メイキング・プロデューサー
【スピーカー】
芦谷正人さん グラフィックデザイナー 関西ブランディングデザイン協会主宰
大倉清教さん 空間デザイナー K-DESPA主宰
杉山貴伸さん 空間デザイナー SETコミュニケーション主宰
長尾朋成さん セールスプロモーター
中川悠さん  編集ライター、クリエイティブカオス主宰
花村周寛   コミュニケーションデザイナー/ランドスケープデザイナー
森敬典さん  アートギャラリー主宰
中川裕之さん 航空部品供給ネットワーク(OWO)メンバー
吉持剛志さん フォーラムアイ代表
堂野智史さん Mebic代表

ほとんどがグラフィックやプロダクト、建築などのクリエイターの方が中心だが、中にはSP(セールスプロモーション)の方や、鉄工所の方、ヘラ絞り職人の方など多彩な顔ぶれになった。


実際スピーカーを引き受けたはいいが、なぜ僕が呼ばれて、何をすればいいのかさっぱり分からなかったのだが、会自体はエサキ氏の巧みなコーディネーションで進められて行き、問題設定も予定調和的に陥らないものが用意されていて結局かなり楽しめた。

エサキ氏からクエスチョンが出されて、それをフリップで答えるというものなのだが、問いの立て方が実務に即したリアルなものになっている。
例えばこんな感じだ。

「100万円の仕事を引き受けたのだが、クライアントが今回は払えないので、なんとか泣いてもらえないかという事を言われた。実際には協力会社への支払いなどで70万円の実費が発生している。その時にプロデューサーとしてのあなたとしては判断をどうするか?」

「ある業務についてクライアントから複数案を求められたが、自分の片腕でもある担当デザイナーが1案しか持って行かず、クライアントの担当者が激怒。こちらの担当を外せと言って来た。その時にプロデューサーのあなたの判断はいかに。」

こんな設問になっている。
当然意見は色々と分かれるので、正解があるわけではない。
その時にそれぞれの人はどう判断しているのかという事を意見交換するための話題提供である。
実務をして行く中で、こうした経営的判断や選択に迫られることはしょっちゅうあり、その時にどのようなスタンスで臨むのか、また何を大切にし何を切り捨てるのかということはそれぞれ違うが、様々なやり方があるのだと非常に勉強になる。
限定された条件の中での設問なので、やはりそれぞれ勝手な想像を加えながら話を進めるのだが、クライアントよりも自分の事を理解しているチームを大切にする姿勢ことや、クライアントのさらに先にあるマーケットやエンドユーザーを見据えること、チーム全体を活性化させるためには個人的なコミュニケーションが必要なことなど、僕が個人的に普段から考えている事に近い感覚を皆さんも持っていたようで全体的に共有されているものが少し見えた。
集まった方々が個性的で、雄弁な方ばかりだったのと、ワークショップ自体のやり方も上手に進められたので、非常に楽しんだ夜だった。

※この会の様子はMebicのウェブで近日中にアップされるようです。
[PR]
by innerscape | 2008-07-04 22:33 | コミュニケーションデザイン

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧