flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「半身反義」大阪上陸

a0091712_3254268.jpg


田辺弁慶映画祭で上映され、第37回ロッテルダム国際映画祭の長編部門でも上映された竹藤佳世監督の作品「半身反義」が大阪で上映されます。
「東京オリンピック」(1965年・監督部)、「日本万国博」(1971年・監督)などの演出家・山岸達児を追ったドキュメンタリーという形から始まるこの映画は観るうちに山岸の記憶のイメージに迫って行くスタイルを取る異色の映画です。
ご興味を持たれた方は是非、劇場に足をお運びください。


大阪・第七藝術劇場
6月6日(土)〜12(金)モーニング、
6月13日(土)〜19(金)レイト

[PR]
by innerscape | 2009-06-06 03:27 | インフォメーション

「コミュニティデザイナーの道具箱、拝見。」で話します

上町台地100人のチカラというイベントの第81回目のゲストに選ばれてしまい、6月2日に應典院でお話しします。
このブログでも紹介してますが、今までの僕の活動や作品を通じて考えて来た事をトーク形式でお話ししようと思うので、ご興味を持たれた方は是非起こしください。

以下イベント詳細です。


上町台地100人のチカラ! 81
<カウントダウン20スペシャル>
「コミュニティデザイナーの道具箱、拝見。」


人と場、その関係性のデザインに取り組む若きコミュニティ・デザイナー。
地域の「これまで」と「これから」をいかに接続するか、現場の知恵を紐解くトークサロン。

2009年4月に創元社から刊行された『地域を活かすつながりのデザイン:大阪・上町台地の現場から』。この本は、特に2003年5月の上町台地からまちを考える会発足以来、実践家と研究者が織りなしてきた取り組みの集大成でもあります。
この本では、悠久の歴史を持つ上町台地界隈で生き交う人々が紡ぐ都心居住の文化は、資本優先の「都市再生」ではなく、まち優先の「コミュニティ・デザイン」の発想に基づくものであるとされています。そこで、今回、今後の上町台地の有り様を展望していく上で、まさに文字通り「コミュニティ・デザイナー」としても活躍されている花村周寛さんをゲストにお招きし、よりよいまちをつくっていくための道具と、
その知恵に接近します。
なお、会場では、上記『地域を活かすつながりのデザイン:大阪・上町台地の現場から』の優待販売も行います。執筆者も多数来場する予定ですので、どうぞ、ふるってご参加くださいませ。

日時:2009年6月2日 19:00〜21:00
場所:應典院本堂ホール

参加費:500円

主催:上町台地からまちを考える会
共催:大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所、同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャル・イノベーション研究コース(予定)
協力:からほり倶楽部、コリアNGOセンター、西代官山クラブ、應典院寺町倶楽部、應典院

ゲスト:花村周寛(はなむら・ちかひろ)さん
1976年大阪生まれ。環境と人々が結ぶ「風景」というテーマで人々のコミュニケーションのデザインに取り組む。建築やランドスケープといった環境デザインをベースにしながら、インスタレーションやプロダクトのデザインも領域横断的に行うかたわら、風景を眺める人のまなざしへのアプローチとして、映画や舞台などで役者もつとめる。
2005年より大阪大学コミュニケーションデザインセンター特任教員。2006年度より船場アートカフェのディレクター及び大阪府公園協会発行の雑誌「OSOTO」編集委員。『地域を活かすつながりのデザイン』では、新潟県中越地震の復興の際に現地で用いた「フッコウスゴロク」(http://innerscape.exblog.jp/5184820/)や、大阪大学に関するデータをあの手この手で変換して表現してきた「DATA HANDAI」
(http://datahandai.jp)の素材を提供。

聞き手:山口洋典(やまぐち・ひろのり)
1975年静岡県磐田市生まれ。阪神・淡路大震災でのボランティア活動を経験し、COP3(地球温暖化防止京都会議)での情報発信プロジェクトや、滋賀県草津市での地域通貨「おうみ」の展開、また大学コンソーシアム京都の教育・人材育成事業「NPOスクール」のコーディネーター、そして「きょうとNPOセンター」や「京都三条ラジオカフェ」の設立にあたる。
2004年より上町台地からまちを考える会事務局長。2006年には4月に應典院主幹・應典院寺町倶楽部事務局長に、10月に同志社大学大学院総合政策科学研究科任期付教員に、それぞれ着任。『地域を活かすつながりのデザイン』では、編集幹事を務め、第5章補論「現代におけるコモンズとしての宗教施設の可能性」及び第6章「ネットワーク型まちづくりでつながる・まとまる・ひろがる」、そして「おわりに」を執筆。

<お申し込みは以下のURLから>
http://uemachi.cotocoto.jp/event/30408

<お問い合わせ>
上町台地からまちを考える会(担当:山口)
TEL 090-3161-8467 FAX 06-6770-3147(應典院気付)
E-mail uemachidaichi@yahoogroups.jp
[PR]
by innerscape | 2009-06-02 00:39 | インフォメーション

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧