flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

複雑系のデザイン

a0091712_0113882.jpg


CSCD科学技術チームと一緒に「現象デザイン研究会」を立ち上げました。
第1回目のトークイベントPhenomene Talk vol.001をアトリエ♭で行います。
もしご興味を持たれた方は是非お越し下さい。(入場に限りがありますので要予約です。)

現象デザイン研究会
Phenomena Talk vol.001
「複雑系のデザイン」

日時:11 月 26 日(木)19:00~21:00
定員:30 名(要予約)
入場:無料(終了後の交流バーは実費)
場所:アトリエ♭(フラット)

ゲスト 菊池誠さん
聞き手 花村周寛


現象デザイン研究会は、自然現象を「デザイン する」という観点から考える研究会です。古来 の知恵や様々な科学研究に潜む知識をひもとき、 気象から微生物まで密接に関係しあう様々な自 然現象を表現という角度から見つめなおします。 現象をランドスケープ(風景)として具体的に デザインする方法について考えるためにゲスト をお呼びして現象の可能性について話す “Phenomena Talk” を開催しております。

第一回目にあたる今回は、包括的に現象デザインを捉えるということも含めて複雑系のデザインという話題でお話をしたいと思います。
新しい科学として注目を集める複雑系は経済や 交通などの人間社会から、天候や生命や宇宙に 至るまであらゆる現象に見られます。今回はゲストとして菊池誠さんをお迎えし て、現象をデザインする解析の視点を示唆する であろう複雑系について理解を深め、複雑な自 然現象を表現へと結びつけるために、どのよう なアプローチがあるのかという可能性について 一緒に語り合いたいと思います。

菊池誠
きくちまこと/大阪大学サイバーメディアセンター教授。専門は統計物理学。テルミン奏者としても 「and_more..」というユニットでライブ活動を行って いる。ニセ科学問題でも専門家としての積極的な発言 を続けており、著書に『信じぬ者は救われる』(香山リカと共著)がある。また、SF の翻訳なども手がける。

花村周寛
はなむらちかひろ/ランドスケープデザイナー。建築 学や造園学をベースにした環境デザインのほか、インスタレーションなどのアー ティスト活動も行うかたわら、映画や舞台などで役者 もつとめる。大阪大学コミュニケーションデザイン・ センター特任教員。2008 年に実験アトリエ “♭”(フ ラット)を立ち上げ幅広い情報発信を目指す。
[PR]
by innerscape | 2009-11-26 19:06 | 現象デザイン

フリーペーパー撮影

a0091712_043490.jpg

6月頃にフラットで島田角栄監督の新作映画の撮影をしたことがある。
ザ・スターリンという伝説のバンドがあるのだが、そのバンドの遠藤ミチロウというアーティストが来て、大掛かりなブルーバックをつり下げてその前でCG撮影などをした。
その時に撮影スタッフが大挙して来られていたのだが、その中の一人の方から連絡があった。
関西発で映像支援型フリーマガジン「RECIPROT」という冊子を発行している団体を主催されている方らしく、その撮影に是非うちのアトリエ♭を使用させてほしいということだった。

どうやら表紙に使うようで、当日はモデルの役者、スタイリスト、メイクに加えてRECIPROの3名が照明機材を持ち来んでこられて撮影が始められた。
面白かったのは、この空間をバックに着物を来た女性カラフルな風船の中、積み重ねられた本を持っているというイメージで、3時間ほどの撮影だったが、映画の話なんかもしながら楽しい時間をすごせた。
1月にそのフリーマガジンは発行されるがこういう活動の一つの場所として取り上げられるのは非常に喜ばしい事だと思う。
こんなように撮影のスタジオ貸しなども行っているのでご興味を持たれた方は是非。

a0091712_045412.jpg

[PR]
by innerscape | 2009-11-19 23:51 | 極東EX

子供も悪くないな

自分はずっと子供が苦手だと思っていたし、周りからもそう言われていた。
僕には子供が居ないが、居たとしても眼もくれず、自分の好きな事、やるべき事だけを見つめて走るだろうと思っていたし、実際そうだったように思える。
自分よりも柔軟で柔和な弟の方が子供の面倒をよく見られるのではないかと自他ともに認めていた。
しかし、最近どうやらそうではないらしいことが分かって来た。

どうやら子供や赤ちゃんと向き合って耐えられる時間が僕の場合、他の人よりも長いらしいのだ。
それが分かったのは、姉の二人の子供をあやしていた時だった。
姉には4歳の娘ともうすぐ1歳の息子が居るのだが、その二人の子供を随分と長い間相手に出来るるらしい。
自分には自覚は無かったのだが、そう言われてみれば長い時間一緒にいても全く苦痛ではないし、むしろ大人を相手にしている時よりもずっと落ち着くのだ。
母親から「あなたがねぇ...」驚かれることも度々だ。

自分が子供だからか、そうではなく別の要因があるのか...。

その理由はちっとも分からないが、5歳以下の子供を見ていると僕よりもよく物事を知っているんじゃないかと感じる事がよくある。なぜか100歳を超える老人や樹齢数千年の大木を前にしているような尊敬に念に駆られることもある。

「子供は純粋だ」とか言うつもりは全く無いし、勝手な願いを込めた大人たちと同じような眼差しで見つめるのも性に合わない。
しかし、彼らを見ているとまるで自分の心の動きを読まれているような気がして不思議で仕方がない。
小さい頃にペットを飼っていたことがあるが、その頃の記憶はあまりないので、はっきりとは言えないが、子供と接していると犬やネコに接しているような感じに近いと言うと人非人かと言われるだろうか。
確かに子供は動物と近いなどともよく言われるが、ただそれは近いだけで何とも言いがたいのだが情感が違うのだ。
ペットを飼ってみるとその違いが分かるのか。
それとも自分に子供が出来ればもっと変わるのか。
気がつけば子供が居てもおかしくない年齢にはなっていたのだが、子供が欲しいとはこれまで一度も思わなかった。
しかし最近では悪くないなと思い始めたのは少しは大人になったのだろうか。
[PR]
by innerscape | 2009-11-11 01:38 | 未来の自分との対話

職業は演技される

市大病院にて継続して行われているアートプロジェクトで、何度かアーティストとして起用されてインスタレーション作品を作って来たが、今年度も呼ばれて作品を作る事になりそうだ。
病院には大きく分けて「外来」と「入院」があり、その中でも僕らが対象としているのは「入院」患者の方だ。
入院生活は長い人で4ヶ月以上も送る事があり、その間の楽しみはほとんど無い。
そんな入院患者が気晴らしに訪れる6階の中庭で前回は「風のおみく詩」という作品を作った。
だが、作品に出会うために6階まで下りて行く必要があり、情報が無いと期間中に訪れる事もなく終了してしまう。
だから今回はより多くの患者が自然にアクセス出来る場所がいい。
色々見て回った結果、やっぱり全ての病棟を貫いている吹き抜けの空間が一番ふさわしいのではないかと可能性を考え始めている。

a0091712_22453312.jpg


前2作に関しては指定された場所で制作を行ったが、今度はより病院の中を詳しく知りたいと思い、無理行って病院の見学をさせてもらうことにした。
朝から看護士長さんに連れられて病棟をうろうろとフィールドワークするのだが、そのままの格好では不審者と間違われる事があるというので、医者の服装に着替える事にした。
役者としていくつかの職業を演じた事はあるが、「医者」の役は初めてだったので興味津々に着替えて参与観察してみる(かつて患者役のオファーは来たことがあったが...)。
医者の立ち居振る舞いや休憩の仕方、歩き方などを観察しながらそれらしく振る舞ってみると、どうやら溶け込んでいるらしい。
a0091712_224504.jpg


白衣をまとうと
[PR]
by innerscape | 2009-11-07 22:24 | 日常

活版印刷機の可能性

a0091712_1847421.jpg

は元印刷工場を改装した場所なのだが、実は1階の角には活版印刷屋さんのブースがあり、まだ現役で仕事されている。
主流がオフセット印刷の業界の最中、まだ活版印刷が現役で存在しているということがまずは驚きなのだが、最近ではその価値が見直されているという。
「版を押しあてて刷った」風合いはなかなかオフセットでは出ないという。

機械の構造自体も非常にアナログで面白い。
低圧電力で動くのだが、歯車とチェーンが回転し、けたたましい音を立てながら紙が刷られて行く様子を見ていると発明者グーテンベルクの偉大さがよくわかるものだ。

a0091712_1848119.jpg


日本語の活版は特に大変で、鉛の活字の数が英文と比較して膨大に必要になる。
それを一つづつ拾って、組版して印刷機にかけていく作業工程を踏まなくてはならない。
最近ではさすがに活版自体も減り、手軽な樹脂板で刷る事が多くなったらしいが、それにしても今ではそれを総合的に出来る職人さんが居らず、活版印刷そのものも減っていくと職人さんは語る。
そんな時代に逆行するようにアナログなものの価値にこだわりたい。

だから♭でイベントを行う時には活版印刷で刷ったチラシで告知宣伝をしようと企んでいる。
現役の職人が居る間は、まだまだ活版にも可能性が残されていると思うし、そのポテンシャルを活かすことを考えたいと思うからだ。

もしそんな観点で活版印刷機にご興味を持たれた方はご一報いただければと思う。

a0091712_18483758.jpg

[PR]
by innerscape | 2009-11-02 18:51 | 装置と風景

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧