flw moon innerscape


私的風景の電脳記録
by innerscape
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

問いの深さとコミュニティとカタチについての覚書

シェアこたつを後にする。アンテナが高くて頭の良い人と話をすると気持ち良いし、話が早い。関西ではなかなかそういう人と話が出来ないのは人材不足なのか、僕がまだそのレベルではなく巡り合えていないのか。自分の価値観を信じて疑わない人と会話するとちゃんとした対話にならないので辛い。

問いの深さが揃っていると違うジャンルでもすぐに話が繋がる。自分の方が問いが浅くて相手が深い場合は、相手の懐次第では対話が出来る。自分の方が問いが深くて相手が浅い場合には、自分に忍耐力が要求される。ジャンルが違って知識や情報も違うと問いの深さでしか話が出来ないのだ。

問いが浅いのに自分の問いが深いと勘違いしている人との会話が一番困る。そういう人は真摯に相手から学ぶ姿勢とかなくて相手を説得したり論破しようとするからだ。そういうことするから問いが浅くなることに気づいていないのだが、それを相手の自尊心を傷つけずに指摘するほど自分にスキルがない。

教育者と学生という立場、あるいは東洋においては年齢など、権力的な枠組みを借りればまだ相手を諭す事が出来るかも知れないが、フェアな状態で話しをする場合に、途中で相手の問いが自分より浅いのに気づいてしまうと話す気を失ってしまうのはまだ未熟だ。特に相手が歳上だとよりやっかい。

大体、問いの深さに年齢などあんまり関係ない。その事を考え続けた時間で決まるのだ。経験や知識も多少は影響するかも知れんが問いが無い状態で得た知識や経験はただ通り過ぎていくだけだろうと思う。だから歳の功だけをカサに正しさを主張して来る人に腹が立つのだろうな。

コミュニティの形成に主体として関わる人を見ると応援したくなる。外からやってきて専門家顏でデザインなどと称して去っていくのに個人的にはどうも違和感を覚えるからだ。年末だが、深く問い続け考えている人にまた一人出会えたことに感謝。

シェアとかコミュニティとかを仕掛けるって、まぁ忍耐のいることだ。とても逆説的だが、それをストレス無く実行するためには仕掛人は孤独を受け入れねばならないということなんだろうな。

自分の弱みでもあり強みでもあるのは「カタチ」にこだわってしまう所だと今日は再確認。しかし自分の中でもカタチを信じている部分もまだ捨て切れていないということと、おそらくそういう人は僕だけではないということもまた事実。カタチが欲しい人には与えればいいというのが今の所の僕の答え。

逆にカタチがあるせいで、誰かを自由に出来ないという限界も良く分かる。だから彼はカタチを捨てたのだと思う。しかし実はカタチではないと思っている人ど同じぐらい形を欲している人もいるというのが僕は正しいと思う。パブリックを問うのであればそちらも認識しないと片手落ちだと思う。

本当に頭の良い人は高圧的な話し方をしない。中途半端に賢(さか)しい人が己の自意識を振りかざして議論とか挑んで来る。本当に頭が良くても性格悪い奴は同じような表現形なので見分けるのが大変。最近見分け方が分かってきたが、それするとこっちが被害にあうので極力使わないように二年前から心がけている。

東京からの帰り道、岸井さん、羽鳥くんの出している「ゆっくり考えたい」の全ての号を帰りの新幹線中の名古屋までに読了。こんな尖った議論がこんな所でされているのに驚く。この方面でのアンテナ低い人にはほぼ理解不能な内容なんじゃないかと思う。ここらあたりがおそらく最先端だろうな。

ここ一年ぐらいで演劇領域の前衛ラインが大体見えた。建築や美術の前衛ラインとも概ね同じ方向を向いている。若干違うのは映画か。デザインもまだそこまでは追いついていない感がある。後10年ぐらいはこの前衛ラインが進行するだろうが、その後にやってくる波は今の揺り戻しとなるだろう。

しかし揺り戻しがくる頃ぐらいにようやく今の前衛ラインに気づいた人が増えてくるので、その頃には別の問いが立っている。つまり社会化した段階で既に答えが出ているということ。アンテナを高く保てる者だけが次の問いに取り組むことが出来るだろうな。ただビジネスしたい人は答えが出ないと動かない。

常に新たな問いを立てるには自分を追い込む体力と精神力が必要だ。だから肉体的な体力と、不当に追い込まれることで生まれる精神力を持つ若い奴の方が切っ先の尖った問いを立てれる。歳をとると答えに満足しちゃうからその気力が無くなるのだろうと考えれば、ちょっと年寄りを労わりたくもなる。
[PR]
by innerscape | 2011-12-27 10:09 | 覚書

なぜ僕が講演の初めに自分のルーツを話すのか

誕生日と結婚式を迎える弟に会いに母が東京に行くようなので、講師料は全て母へ渡して旅行のたしにしてもらうことにした。最近忙しくて全然親孝行できていなかったので、せめてもの気持ちだ。
弟に結婚の祝儀を渡したが、それと同時に僕は母へ同じ額の祝儀を渡した。弟の結婚は母の一つの区切りであり、彼女への祝福でもあるからだ。
姉の結婚の時には僕に経済力がなく、十分なことは出来なかったのだ。

日本へ来てもう40年になる母は日本人になったのも最近で、今も年金すら無い暮らしだ。
朝鮮戦争の疎開の時に怪我し、ほぼ片腕状態で僕ら三人を大学まで出させてくれた母に僕は頭が上がらないのだ。だから彼女を何とか支えて生きるためにも金に興味ないなどとは言ってはいられない。
我々がまだ小さくこれから養わねばならない時に父を喪い、コネも地縁も無い中で己の根性と能力のみで生きていかねばならなかった母の人生を察すると、僕自身は甘えた事を言ってはいられないという気持ちにもなる。だからこうして講演が出来るようになるまで育ててくれた母に感謝の気持ちを表すのだ。

母には思い切り今を楽しんでもらいたい。
10年後はもう楽しめないような健康状態になっているかもしれない。将来への貯蓄など必要はなく、今を楽しみ消費するために必要なお金というのがある。だから僕は僕の能力で稼いだお金を今の母のために使う。今でないと意味が無いようなこともあるのだ。
己一人の私腹など、底が知れている。茶碗一杯でお腹いっぱいになるのだから。
そんなことよりも今の己を何が成り立たせて来たのかということへ感謝することや、これから出来るであろう己の子供が生きて行く上でどういう社会が良いのかを考えることの方が僕にとって余程意味のあることだ。

色んな人が色々と近づいて来て、己の能力で必死に生きる僕らから搾取しようとしてくる。頭から出てくるものは原価がかかっていないので当然のごとくタダのように扱う。
冗談ではない。
血のにじむような母の努力と生き様があったからこそ、今の僕のクリエイティビティがあるのだ。搾取されてたまるか。
僕はモノを動かして商売している訳ではない。己のクリエイティビティと情熱を武器に仕事をしているのだ。24時間そのことに熱意を傾け、人生を自分の資本にしているのだ。そんな僕を作るために母が僕にどれほど投資をしたのか。それを考えるとビジネスなんて言葉に搾取されている場合ではないのだ。

だから僕は講演のはじめに必ず自己紹介をする。その時に必ず自分のルーツの話をするのだ。なぜ今の僕があるのか。そのことを語らねば今の自分のクリエイティビティは無いと考えているからだ。インターナショナルでいいねと人がうらやむが、それは僕が自分の人生をポジティブに読みかえているからだ。
僕が母の血のにじむような努力をポジティブに評価しないと一体誰が評価してくるというのだ。語られずに埋もれてしまう彼女の歴史を声高に訴えるには僕という人間のありようが社会化することしかない。制度に守ってもらえなかった彼女が必死で守った僕の存在が彼女のプライドになるしかないではないか。

20年前に父が亡くなる時、長男の僕にだけ耳打ちした言葉がある。
でも家族の誰ひとりそれがどんな言葉であったかということは知らない。
僕と父との間でだけ交わされた約束事だ。

母は海外に居て、父の最後には立ち会えなかった。
姉もその時はアメリカにいて同じく父とは最後の言葉を交わしていない。
当時弟は7歳で記憶すらあいまいではないかと思う。
もうダメだと分かりロビーで泣きじゃくる僕に優しい言葉をかける弟が何も知らないのだなと考えると、さらに不憫に感じたのを今でも忘れてはいない。

もっと強くならねばならない。そしてもっと優しくならねばならない。そう静かに想う。
[PR]
by innerscape | 2011-12-16 10:44 | 私的詩

私“flw moon”が日々の生活の中で感じた事を見つめ直し記録します。
心のフィルターを通して見た日々のシーンをひとつづつ電脳に記憶させることで、果たしてどんな風景が見えてくるだろうか・・・?

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

cat play cen..
from cat play centres
farmers insu..
from farmers insura..
dirtrunnr.com
from dirtrunnr.com
canada goose..
from canada goose o..
http://www.a..
from http://www.air..
air max 1
from air max 1
nike air max..
from nike air max 95
air max 2013
from air max 2013
air jordan xx9
from air jordan xx9
mincir-intel..
from mincir-intelli..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧